脱毛サロン

「脱毛サロン」と「クリニック」のどっちがいいの?

 

脱毛サロンで使用されている機械は、主にIPL法、S.S.C法と呼ばれるものがあります。

 

ただし、どちらも同じフラッシュに分類され、光脱毛になります。

 

光脱毛はクリニックで使用されているレーザー脱毛と同じ原理で、メラニン色素に反応して効果的に脱毛を行います。

 

ただ、光脱毛は医療用ではありませんので、出力が落ちるという点では否めません。

脱毛するにも、自分の場合は毛が濃いからといって、脱毛サロンに通ったとしても

 

  • 人よりも時間がかかるのではないか…
  •  

  • 効果がなかったりするのではないか…

 

と不安に思う方もいらっしゃいます。

 

「脱毛サロンに通うよりも、高いけれどクリニックに通った方が効果はあるのかもしれない…」と考えているあなた。

 

もしそうであれば、いま少しわたしの話を聞いてからにしていただけないでしょうか。

 

まず、毛が濃いから効果が薄いと言うことはありません。

 

むしろ、その逆です。

 

先にも述べましたが、光脱毛はメラニン色素に反応します。

 

要するに、濃くて太い毛の方が効果は出やすいということなのです。

 

確かに、レーザー脱毛に比べ出力の面では効果が落ちます。

 

しかし、美肌効果があるという、うれしい面も持ち合わせているのです。

 

レーザー脱毛にはない、アンチエイジング効果。

 

年齢を重ねてくると、肌細胞は衰え新陳代謝も悪くなり、コラーゲンの活性が上手くできなくなります。

 

脱毛という行為自体がお肌に負担を与える行為であり、アフターケアが大事になります。

 

脱毛サロンの場合は、光脱毛による美肌効果と脱毛が組み合わさることで、お肌への負担も少なくて済むのです。

 

今の話を聞いて、わたしは産毛だから脱毛サロンは向かないと思った方は、脱毛サロンでも顔などの脱毛を行っているサロンを探すのもいい方法です。

 

そういうところでは、毛質を把握してきちんと出力の調整を行ってくれるでしょう。